逆に肌荒れ?敏感肌が気になる安全性を検証

逆に肌荒れ?敏感肌が気になる安全性を検証

 

ルフィーナはニキビ用の薬、ということで塗る場所は基本的に肌が荒れてる場所になります。
そこで気になるのが肌に合わない場合、逆に悪化することはあるのかということ。

 

敏感肌の人は特に気になりますよね。
ルフィーナのトップページでも説明しましたがそこらへんをもう少し詳しく調べてきましたよ!

 

ルフィーナは無添加!

ルフィーナで肌荒れが悪化することはゼロ・・・ではありませんがかなり低いです。
その理由が使ってる成分。

 

 

着色料や香料を一切使ってない無添加成分で作られてるんですね!
化学成分はメリットはあれどやはり体に良くない場合が多いです。
ニキビができてる肌に塗るんだから影響はもっと大きいでしょう。

 

ということでルフィーナはその成分に化学成分を含まないよう努力しました。

 

 

これはニキビ対策に重要な保湿に使われてる成分の一覧です。
見てのとおり全部植物などの自然成分由来ですね。
無添加を心がけてる証拠にもなります。

 

 

 

 

公式にQ&Aでも。
不安な人、かなりあれがひどい人はまず腕に少しつけてみるとか、背中に少しつけるなどお試しをしてから始めるといいでしょう。

 

アトピー、アレルギーだけど大丈夫?

これらの症状の際でも基本的には大丈夫です。
ただ、アトピーやアレルギーは反応する成分の違いなど個人差もあるので不安であれば医師に相談するのがベスト。

 

 

 

ルフィーナはアトピーを治す薬ではないのでルフィーナで治まっていく、ということはあまりないと思います。
皮膚科に行く場合にはルフィーナの成分を調べてメモしていくといいでしょう。
公式にも書いてありますが一応ここにも。

 

 

 

結構化学成分っぽい名前がありますが全部無添加成分なので安心してください

 

まとめ

 

無添加成分なので敏感肌の人でも大丈夫
不安な人は医者に確認すべし

 

なかなか忙しいと病院に行ってる時間はないと思うので、
少しの量で試す⇒大丈夫なら使う

 

こんな感じで使えばいいと思います。
少しの量で荒れた場合は全額返金制度を利用すればいいのでお金が無駄になることはありません。
もったいない!といって無理やり使ったらだめですよ!
⇒全額戻ってくる返金保証のまとめ

 

 

 

関連ページ

ルフィーナとニキビ治療のメカニズム
ルフィーナはどうやって背中のニキビを治療しているのか、そのメカニズムを紹介。どうやってニキビが治るのか気になる人は注目です。
ルフィーナは黒ずみやニキビ跡にも効く!
ルフィーナは今あるニキビはもとより、黒ずみになった肌を改善する効果もあるんです。その黒ずみがどうやってきれいになるのか、その仕組みなどを解説していきます。
ルフィーナの効果がないニキビはある?自分の状態を確認せよ!
ルフィーナで治せないニキビはあるのか!?ニキビ治療薬としてそんなことはあってはならないですが実際はどうでしょうか。口コミの情報などから調べてみました。
ルフィーナの使い方は?一番効果が出る使い方を調査!
ルフィーナを使う際にはどう使うのが一番効率いいのか、どのタイミングが一番効くのか、それを調べました。実際に購入した後のシミュレーションをしてみてください。

 
トップページ 効果の秘密 ニキビが治るまでの期間 定期コースと解約