ルフィーナとニキビ治療のメカニズム

ルフィーナとニキビ治療のメカニズム

 

ルフィーナはニキビ治療薬ですがどんな方法で治してるのか・・・気になりませんか?
そのメカニズムを知らないと安心できない!という人は結構いるようです。

 

そんな人たちの為にルフィーナがどうやってニキビを治しているのか解説しました。

 

肌の乾燥に注目

ルフィーナはまず背中のニキビの原因に肌の乾燥があることに注目しました。

 

 

乾燥により皮膚が縮こまり、角質の間に隙間があいてしまいます。
そうすると肌のバリア機能が働かなくなるんです。

 

その結果、皮膚内の水分をとどめておくこともできなくなり乾燥。
乾燥した皮膚はそのままカチカチになって汚れを閉じ込めたまま固まってしまいます。
こんなことが起こると背中ニキビの原因になってくるんですね。

 

乾燥⇒角質が固くなる⇒汚れが溜まる⇒ニキビができる

 

という流れです。

 

特殊な方法で保湿!

乾燥するなら保湿すればいいじゃん!と、多くの人はそう思います。
でも、ただ水分を与えるだけじゃだめなんですね。

 

 

こんな感じになった皮膚は化粧水などに含まれる保湿成分を角質が通さないんです。
カサカサ過ぎて皮膚の間をしみこまなくなってるんです。

 

これだと効き目がないんですがルフィーナでは成分を低分子にすることによって対策をしました。

 

 

左が低分子化していない状態。
右が低分子化した状態です。
成分を低分子化、つまり角質が邪魔できないほど小さくすることですりぬけられるんです!

 

しかもその成分はコラーゲン。
ハリや潤いを保つ効果のあるコラーゲンを100%浸透させてるので弾力も出てきます。
ニキビだけでなく肌の感触もよくなるんですね!

 

まとめ

 

背中ニキビは乾燥が原因
コラーゲンを高分子化して直接皮膚に浸透させる

 

主にこの方法でニキビの対策をしています。
なにはともあれ乾燥防止!ということですね。
⇒ニキビ跡や色素沈着に効く理由はコチラ

 

 

 

関連ページ

ルフィーナは黒ずみやニキビ跡にも効く!
ルフィーナは今あるニキビはもとより、黒ずみになった肌を改善する効果もあるんです。その黒ずみがどうやってきれいになるのか、その仕組みなどを解説していきます。
ルフィーナの効果がないニキビはある?自分の状態を確認せよ!
ルフィーナで治せないニキビはあるのか!?ニキビ治療薬としてそんなことはあってはならないですが実際はどうでしょうか。口コミの情報などから調べてみました。
ルフィーナの使い方は?一番効果が出る使い方を調査!
ルフィーナを使う際にはどう使うのが一番効率いいのか、どのタイミングが一番効くのか、それを調べました。実際に購入した後のシミュレーションをしてみてください。
逆に肌荒れ?敏感肌が気になる安全性を検証
ルフィーナを使おう!となったときに逆に肌が荒れるんじゃないか・・・という不安を持った人がいるでしょうか。敏感肌の人は多そうですね。そんな人のためにその安全性を検証してきました。

 
トップページ 効果の秘密 ニキビが治るまでの期間 定期コースと解約